車 買取 アラジン

九州地方で有名なアラジンの車買取

 

アラジンは宮崎県以外の九州地方と山口県でサービスを行っている車買取フランチャイズチェーンです。2005年から放送されているCMには佐賀県出身の江頭2:50分を起用し、地元に馴染み深いキャラクターであるため人気を集めています。本社がある福岡県には店舗が15店あり、九州地方での知名度が非常に高いです。地域に密着したネットワークを持っているため、大手の車買取専門店と同じくらいサービスが充実しています。一般的な車買取では、小売を他の業者が担当することがあり中間マージンが発生します。

 

アラジンで車が高く売れる理由とは?

小売と直結しない場合は、中間マージンが発生しないことを積極的にアピールする企業も多いです。アラジンは買い取った車を小売に出すことはありません。カーオークションに出品して中古車販売業者に売っているので、そもそも中間マージンが発生しない仕組みになっています。買い取った車をカーオークションに出すことは、顧客にとってメリットが多いです。買い取った車は他の顧客に売れなければ利益を得ることができません。売れるまでは展示するためのメンテナンスや在庫整理などにお金がかかります。

 

カーオークションでは中古車を求める業者が集まるので、普通に展示して売れるのを待つより売れ残りのリスクが低いです。そのため高い価格で買い取ることが可能です。カーオークションは日本各地で行われており、その地域のトレンドによって価値が異なります。アラジンでは最も高値で取引されているオークションを参考にしています。

 

カスタムカーでもプラス評価される場合もある

車に求める条件は人それぞれですが、正規のオプションやレスアップアイテム、非正規のパーツなどが付いていると、買いたがらない人も多いです。そのため車買取ではカスタマイズをあまりしていない車が高く評価されやすいです。しかしアラジンでは余計なパーツが付いていても、世間のニーズに応えられるものであればプラスの価値を与えます。ニーズが高ければ正規が非正規かは関係ないので、自分が愛着を持っている車を正しく査定してくれる安心感があります。査定を行うのは専門的な知識を持っているスタッフなので、こだわりの点をしっかり把握してくれます。売却価格のうち100円は毎回募金に使っているので、地域貢献や慈善活動に興味がある人に適しています。

 

車を売却した後に、欲しい車が買えるとは限りません。多くの人が売却で得たお金を新しい車の資金に回しますが、最近の車は性能や設備の質が高いので、安全性や走行性などこだわりが強いと予算も高くなります。車を買うほどの資金が集まらなかった場合は、アラジンが行っているカーリースを検討すると良いです。一般的なカーリースは長期的に契約しますが、アラジンでは半年〜1年間の契約が可能で月額1万円と安いです。契約期間が短いので、ある程度お金が貯まったら好きな時に新たな車の購入のために行動を移すことができ、誰にも縛られないカーライフを送ることができます。

 

アラジン公式サイト:http://www.aladdin-fc.jp/