古い車 事故車

「誤って事故を起こしてしまった。。。」古い車の事故車はどうすればいいのか?

 

誤って事故を起こしてしまった場合は、破損した車の修理が必要になってしまいますね。

 

しかし古い車だった場合には、修理の部品を買うことすらできない可能性もあり得るのです。古い車で事故を起こしてしまった場合の、対応を考えてみることにしましょう。

 

古い車の事故の修理費用は全損扱いになる事もあります。任意保険を確認してみましょう

 

古い車だった場合には、そこまでの大きな破損ではなかったとしても、全損として取り扱われてしまう可能性が高くなります。任意保険に加入しているのだから、修理に必要な費用分は見積もりどおりに支払ってもらえそうなものですが、残念ながらそうはいきません。

レッドブックで保険料を決めている

自動車保険会社が利用している車の価値を決める基準に、レッドブックと呼ばれるものがあります。自動車価格月報とも呼ばれるこの情報誌は、時価額を判定するために使われていて、自動車の価値が一定の要素ごとにまとめられているもの。車の年式、車種や走行距離など、自動車の価値を左右する要素ごとに、東京エリアでの中古車市場価格をまとめたものなのです。

 

このレッドブックで自動車の条件を調べ、それに該当しているものまでしか支払えないというのが保険会社のとっているスタンス。古い車だった場合には、かなり低い金額を覚悟しておく必要があるものなのです。しかも一般の中古車市場で取引されている金額に比べ、更に低い金額が記載されている可能性の高いものですから、ますます不利になってしまいますね。

 

修理にかかる費用が、この金額を超えてしまった場合は、調べたことでわかった金額までしか支払ってもらえません。これはそれぞれの自動車保険会社が独自に決めているだけのものではなく、実際に争いとなって裁判でも認められたことのあるもの。仮に支払金額を上げてもらえるように掛け合ったとしても、まず認めてもらえることはないでしょう。

 

このレッドブックにすら載っていないくらい古い車だった場合は、新車価格の10パーセントしか支払わないというケースもありえます。多少古い車を選ぶとしても、新車価格の10パーセントほどで購入できるものは少ないでしょうから、売ったお金で乗り換えは難しいと考えたほうが間違いありません。元々が古い車だったのなら、新車時の価格も当時の物価影響を受けることになってしまいますから、当時の価値が基準になってしまうと僅かな金額となりますね。

 

これらのように自動車保険に加入していたとしても、実際に支払われる金額は、乗り換えが可能な金額は愚か、修理すら満足にできないものとなる可能性があります。厳しい答えかもしれませんが、保険会社はどこであっても同じような考え方がされる傾向が強く見られますので、古い車と諦めるほかはないでしょう。

 

事故の影響で乗れなくなったので、廃車にする場合

 

保険の支払い金額が低かったことによって修理すらできなかった場合、まだ走行が可能なら我慢して乗るという方法も考えられます。しかし、壊れたままの状態で乗ることに抵抗を感じる人は多いでしょうから、実際は廃車にする結果となるのではないでしょうか。そのまま持っていたとしても税金の支払いは免れられませんので、使えないと判断したら早めに廃車手続きを進めたほうがいいですよ。

 

廃車にするとすれば、解体してもらう工場を探す必要がありますね。更に廃車手続きもしなければなりません。これらの処理をまとめて廃車処分を請け負ってくれる業者に依頼するとすれば、車両の引き取りから解体作業の費用を請求されることになってしまいます。更に廃車の手続きに対しても手数料がかかる結果となりますので、かなり費用負担は覚悟しておかなければなりませんね。

 

解体はさすがに自分でという人は少ないでしょうから、自動車を取り扱っている工場などで依頼しましょう。後の手続きは、運輸支局での書類作成と提出という流れですから、時間が確保できるという人なら自分でやってしまうのも一つの方法です。

 

手続きに必要となるのは、自分の車を処分するので印鑑証明書と車検証を用意しましょう。もしもこの手続きを誰かに頼んでやってもらうのであれば、実印を押してある委任状も必要になりますから、その場合は忘れないようにしてくださいね。後は解体した車両から回収したナンバープレートを持って、最も近い運輸支局までいけば、手続きそのものは簡単です。

 

まずは手数料を支払いますので手数料の納付書と、抹消登録に必要となる抹消登録申請書、自動車税の申告書をもらいます。受け取ったら記入例が用意されていると思いますので、その内容を見ながら記入を済ませましょう。分かりにくい部分があれば親切に教えてくれるでしょうから、困ってしまうようなことは無いはずです。

 

記入が終わったら、窓口で手数料分の印紙を購入して手数料納付書に貼り付け、呼び出しを待ちましょう。呼び出されるとナンバープレートを返却するように言われますので、持ってきたナンバープレートを渡して、書類に返却したことを記入してもらいます。と言っても、手数料納付書にはんこを押してもらうだけですので、任せておけば大丈夫ですよ。

 

これで準備はできましたので、後は全ての書類を窓口で提出し、登録が抹消されたことを確認できる書類を受け取れば廃車処理は完了です。時間は多少必要になってしまいますが、依頼してお金がかかるよりましだと思うなら、自分でやってしまえばいいのです。

 

「事故の程度がひどいので買い替えしよう」壊れている(走らない)車を売るなら下取り?それとも買取?

 

事故の程度がひどかったために走行が難しい状態になってしまったのなら、買い換える必要が出てきますね。上で記載したように廃車にしてしまってもいいでしょうが、それではどうやっても費用が出ていくばかりですから、買い替えも難しくなってしまいかねません。

 

それならせめてわずかの価値でも買い取ってもらえれば、足しにでもなってくれようというもの。廃車にせずに売却するのなら、今度は下取りに出すのか、それとも買い取り専門の業者に依頼するのかを考えなければなりません。少しでも高く買い取ってもらえるほうが、後の費用を考えても助かりますからね。

下取りで価値がつくのは難しいでしょう

結論から言えば、残念ながら下取りでお金を得るのは難しいと思って間違いありません。一般の中古車屋さんでは、年式が非常に古く、しかも事故を起こした状態の車を引き取っても、価値を作ることは難しいからなのです。もしも人気のある車種だったとしても、事故によって破損した部分を修理しなければ売ることは出来ませんし、高く売る事もできません。価値を見出すことが出来ないのですから、値段をつけられるわけがないのです。新しい車を買う店に出した下取りの場合であったとしても、このことは変わりませんから、廃車にかかる費用を請求されてしまうことになるでしょう。

 

いくらかでも買い取ってもらえる可能性があるとすれば、買い取りを専門にやっている業者くらいのもの。ただし普通の自動車を買い取っている業者では、事故車に価値を見つけるのは難しいでしょうから、専門のところを探したほうがいいですよ。

 

事故車であったとしても、自動車は金属でできた部品が多数ありますので、金属の値段としては最低限買い取りが可能。更に同じ型の車がまだ走っている車種なのなら、他の車のために部品取りとしての価値も見いだせるはずです。これは買取業者が解体して部品単位で取り扱うことができるからこそできることで、販売がメインの自動車屋さんでは難しいこと。

 

地方の業者ではこれだけの処理をできるところは少ないでしょうから、幾つかの業者に連絡を取って、見積もってもらう必要がありますね。見積もりを取るのなら、どこが解体までできる業者が調べ、しかもいくつかのところに依頼して比較したほうが高く売れる可能性は高まります。多少手間はかかるかもしれませんが、少しでも高く売りたいと思うなら、労力を惜しまずに問い合わせと見積もり対応をしてくださいね。

>>古い事故車でもタウなら買取してくれる可能性はあります!

 

この記事のまとめ

古い車の場合は事故を起こしてしまった時点で、保険による修理も難しく買い替えもかなりの負担を必要とすることになります。少しでも負担を減らして新しい車に乗り換えるなら、下取りに出すのではなく事故車でも買い取ってくれる業者に依頼するのが一番なのです。高く買ってもらえる業者さえ見つかってしまえば問題はありませんが、それが難しく時間がかかってしまう部分でしょう。

 

買い取り業者に一括で査定を依頼できるサイトもありますので、活用してみてもいいかもしれませんね。一括で査定依頼することで、業者を探して回る手間や、一つ一つの業者に依頼する手間などが削減できますので、手軽な方法と言っていいでしょう。

 

また幾つもの業者が査定していることは、一括査定経由である時点で分かっていることですから、業者間で競争してもらうことも自動的にできてしまいます。手間が減る上に査定額も上がりやすくなるのですから、使わない理由がないでしょう。無料で利用できるサービスですから、上手に活用してくださいね。

 


>>古い事故車でもタウなら買取してくれる可能性はあります!