旧車 買取

大切に乗ってきた旧車をできるだけ高く売るには?

 

気に入った自動車を手に入れたら、できるだけ大事に乗りたいと思うのは人の情というものでしょう。しかし、あまりにも大事に乗ってきていると、気がつけばすでに旧車と呼ばれるカテゴリに振り分けられていたなんてこともあるはずです。

 

せっかく大事に乗ってきたのですから、少しでも高く売って、次の車へ買い換えるための資金にもなってもらいたいものですね。どうすれば旧車を高く売ることができるのか、幾つかの方法を考えてみることにしましょう。

 

旧車を最も高く売る方法は?

 

最も高く売れる方法は、現在乗っている旧車が市場でどんな価値を持っているかによって変わってきます。もしも旧車とはいえ、非常に人気の高い車であるのなら、個人売買でも高い金額で売却できる可能性は高いといえるでしょう。

オークションで売却する

 

具体的にはオークションなどに出品し、最低落札価格を高めに設定した上で、欲しいという人を待つことになるでしょうね。そのためにも資料をしっかり作って、買いたいと思っている人にアピールすることが大切です。車をきれいに洗車して、オークションに参加している人の欲を刺激できるような、魅力的な写真をたくさん準備しておきましょう。

 

それに合わせて自動車の基本的な情報をまとめた説明文も、準備しなければなりません。買う人にとって必要となる情報をまとめ、車に問題のある部分が存在するのなら、それも詳しく説明しておきましょう。このことは後のトラブルを防ぐためにも重要です。

 

そこまで準備ができたなら、後はオークションサイトのルールに従って掲載し、買い手が入札してくれるのを待ちましょう。人気の高い旧車だったなら、欲しいという人も多くいるはずですから、早めに入札者も現れるでしょうし、高い金額になる可能性もありえます。オークションで取引可能な車なら、このような方法で高く売ることができるでしょう。

車買取専門店に依頼する

しかし、あまり人気がなかったり、年式が落ちすぎている場合や走行距離が伸びすぎている場合であったら、オークションでは高値を期待できなくなってしまいます。人気のない車なら、わざわざ古い車を購入したいと思う人はいないでしょうから、入札者が見つからないはずです。低年式や過走行の場合には、故障した場合のリスクが目についてしまいますから、誰もが買いにくくなってしまう点も問題ですね。

 

そのような場合は買取の専門業者に依頼して、査定を受けて買い取って貰う方法しかありません。業者に買い取って貰う場合、一つの業者だけで見積もりをしてもらうと、その出された金額が高いものか安いものかは分かりませんね。金額の相場がわからない状態にあるのですから、複数の業者が出した査定額を比較して判断した方がいいでしょう。

 

一つの業者でしか見積もりしていないということが分かってしまえば、業者側もわざわざ高い値段を付ける必要はありません。安く買い取ったほうが利益を増やせるのですから、少しでも安く買い取ろうとしてくるのは間違いのないことなのです。

 

また査定を依頼するのは、旧車の取扱い実績の多いところを選ぶのが大切。旧車の価値を知っているのは、旧車を取り扱ってきた業者だけですからね。このような業者から複数を見つけ出し、それぞれの価格を比較しながら売却先を決めれば、可能な限り高い金額での買い取りを実現できるようになるはずです。

 

旧車のタイプによって、高く売れる方法を紹介しておきましたが、個人売買はリスクが伴う可能性も高くなりますので、できるなら避けるべきです。人気の旧車であることを理解して、高く買い取りしてくれる業者が見つかったら、取り引きの安全性も考慮してそれ以上の選択はありません。まずは買取業者に査定を依頼してみることからスタートしたほうがいいでしょう。

 


>>旧車を高価買取してくれる業者を探してみる

 

あなたの乗っている旧車の買取相場をチェックしてみよう

 

すでに年式の下がっている旧車であれば、余程の人気があるものでもない限り、ほとんど車そのものとしての価値はないと考えたほうがいいでしょう。その上、走行距離まで伸びてしまっているような状態であったなら、なおのこと価値は下がってしまいます。すでに走行可能な距離も限られることは分かりきっていますし、いつ、どの部分に故障が発生しても不思議がないのですから仕方ありませんね。

 

また、故障が発生してしまった場合、メーカーに部品の在庫がなければ修理自体が難しくなってしまう可能性もありえます。自動車を作っているメーカーなら、生産しなくなった自動車の部品であっても、生産終了から10年間は部品を保管していく義務があります。しかし旧車とまで呼ばれるようになってくれば、すでに部品の在庫がない可能性も出てくるのです。しかも保管の義務が決められているのは、走行に必要な部分のものだけと限られていますから、それ以外の部品は先になくなってしまうかもしれません。それだけのリスクも発生してしまうのですから、高い値段で買い取るのが難しいということなのです。

 

その分は、自分で高く買い取ってくれる業者を見つけるという努力をしなければなりません。幾つもの業者に電話で問い合わせを行い、車種や年式などの参考になる情報を伝えながら、査定をしてもらえるように依頼していきましょう。その結果として出てきた査定額を見ていけば、買取相場もつかめてくるというものですね。

 

注意すべきは、少数の買取業者だけで判断しようとすると、本来の価値がつかめない可能性もあるという点です。とにかくたくさんに依頼できるよう、手当たり次第に問い合わせを行ってもらえれば、正確な買取相場の把握につながることでしょう。

 

ただ、この作業には買い取ることが可能な業者を調べる時間と、依頼する時間が必要になってしまいますね。手っ取り早く買い取り相場を把握するために、一括査定というサービスを利用してみるのも一つの方法です。

 

このサービスは、サイトに査定したい車を登録し、その情報を幾つもの買取業者にまとめて査定依頼するというもの。情報の登録も一回で済みますし、それぞれの買取業者へ直接連絡を取る必要もありません。登録が完了すれば、登録された車を買い取ることが可能な業者から、査定の連絡が入ってきますので、それから対応を相談すれば良いのです。

 

買取可能な業者を見つけるという手間、更に一つ一つに依頼するという手間の二つがなくなるのですから、時間のない人には便利なサービスと言っていいでしょう。しかも一括査定サイトから買取査定の情報を得ている業者ですから、他の業者も査定に参加することはすでに知っています。その分、他の業者に負けてしまわないよう、高い金額で買い取り見積もりが出やすいというメリットも得られるのです。

 

申し込みも簡単で、利用に費用もかかることはありませんから、買取相場を知るためには非常に役立つサービスと言っていいでしょう。もしもそこで提示された金額に満足できるなら、そのまま売却の手続きを行えば問題ありません。更に高い金額で売却を目指すのなら、その買取相場を踏まえた金額を設定し、オークションなどに挑めば良いのです。

 

せっかくタダで使えるサービスなのですから、上手に活用してくださいね。

 

この記事のまとめ

これまで大切にしてきた旧車だからこそ、最後まで役立ってくれるものであってほしいですね。そのためには、できるだけ高く売るための方法を知り、その方法を実践することが必要です。

 

価値の分からない人や価値の分からない業者に依頼してしまえば、単なるガラクタとして扱われるかもしれない旧車。大切にしてきた思い出深い品ですから、自分と同じように大切に活かしてもらえるところを相手に取引きできるといいですね。